9月
04
2014

自宅での剃刀での自己処理

学生の頃から自己処理をしていました。最初は少し気になるようになったくらいだったのに、だんだん手入れがこまめになっていって、剃刀での処理が頻繁に行われるようになりました。特に夏場は、半そでの制服から見えるのではないか心配で週に数回していたと思います。

最初は面倒でも脱毛クリームを塗ったり、ボディーソープを使って泡立てたあと、剃刀を使って剃っていましたがだんだん手間に感じるようになって、そのまま剃刀を素肌にあてて剃るようになりました。自覚がなかったように思います。

主に剃刀を使う場所は風呂場でしたが、肌を徐々に傷めていたようで、次第に真っ赤になってきました。気づいた時にはもう遅く、肌は真っ赤で剃刀なんて使えない状態です。そして夏場は汗も気になって制汗スプレーも使用していましたから、余計に治りが遅くて、ひどい状態になっていきました。冬場は乾燥して赤くなっていくし、見た目が良くありません。

このまま自分で処理するのはマズイな、気づくことになり、だんだん家庭用脱毛器ケノンにあこがれるようになりました。面倒なことにもならないし、なによりきれいな状態になりそうです。少しお金がかかるのが気になっていますが、ケノン 効果次第では行ってもいいかな、と思っています。

Comments are closed.